インビザライン

インビザライン

INVISALIGN

ABOUT INVISALIGN

目立たず・負担が少ない
新しい歯科矯正

インビザライン矯正とは、透明に近いマウスピース型の矯正装置を使って歯並びを矯正する治療方法です。
これまでの歯科矯正のようにワイヤーを使用しないため、違和感や痛みが少なく、目立たないことが特長。また、マウスピースは取り外しができるので歯みがきがしやくす、みがき残しも少なく済み、むし歯や歯周病になりにくいメリットがあります。
インビザライン矯正は、世界100カ国以上で行われており、これまで800万人を超える方が治療されています(2020年時点)。
さらに当院では、最新型の口腔内スキャナー「iTeroエレメント2」を導入。お口の中をデジタル撮影するだけで歯型を取ることができ、患者さまの負担を軽減します。

インビザライン
FEATURES OF INVISALIGN

「インビザライン」の特長

  • 透明で目立たない

    透明で目立たない

    透明に近いマウスピース型の矯正装置を使用するため、治療中も目立たないのが大きな特長。人前に出る際、口元を気にするストレスがありません。

  • 普段通りの食事が可能

    普段通りの食事が可能

    マウスピースは簡単に取り外しができるので、治療前と変わらない普段通りの食事を楽しむことができます。

  • しっかり歯みがきができて衛生的

    しっかり歯みがきができて衛生的

    マウスピースを取り外せるので、みがき残しがないようにしっかりと歯みがきができ、むし歯や歯周病のリスクをおさえることができます。

  • 違和感や痛みが少ない

    違和感や痛みが少ない

    最新型の口腔内スキャナーで正確に歯型を取り、治療のステップに合わせてマウスピースを取り替えるので、ワイヤー矯正のような痛みはありません。またマウスピースは約0.5mmと非常に薄く、やわらかいプラスチック素材を使用しているため、装着時の違和感が少ないことも特長です。

  • 通院回数が少なく続けやすい

    通院回数が少なく続けやすい

    マウスピースの取り替えは、患者さまご自身で行っていただくため、1カ月〜3カ月に1度の通院で矯正治療を続けることが可能です。

  • 金属アレルギーの方も安心

    金属アレルギーの方も安心

    マウスピースはプラスチック製なので、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。口内炎になるリスクも少ないこともメリットのひとつです。

「インビザライン」と
「ワイヤー矯正」の違い

マウスピース
マウスピース
表側矯正
表側矯正
裏側矯正
裏側矯正
目立ちにくさ 透明に近くあまり目立たない 歯の表面に装着するので目立つ 歯の裏側に装着するので目立ちにくい
取り外しの可否 可能 不可 不可
痛みの有無 比較的少ない あり あり
トラブルの頻度 少ない 装置が外れたり、破損する場合がある 装置が外れたり、破損する場合がある
金属アレルギー なし あり あり
来院頻度 1〜3ヶ月に1回通院 2週間〜1ヶ月に1回通院 2週間〜1ヶ月に1回通院
歯型の採取 最初の1回のみ(iTeroを使用) シリコン印象材にて必要に応じて行う シリコン印象材にて必要に応じて行う

「インビザライン」の注意点

適応できない症例があります

インビザラインは、患者さまの大半に適応できる矯正治療ですが、歯並びが極端に乱れている、重度のむし歯や歯周病になっているなど、適応できないケースもあります。こうした場合は、従来のワイヤー矯正をご提案します。

患者さまのセルフケアが重要です

インビザラインで大切なことは、患者さまの自己管理。
歯科医師の指示に従って、マウスピースの装着時間や取り替え時期を守っていただかないと、当初の治療計画通りに進まない場合があります。

治療計画を変更する場合があります

事前に治療終了までの治療計画をご説明し、納得していただいてから治療を開始しますが、治療過程の状況によってやむを得ず治療計画を変更する場合があります。

未承認医療機器の使用について

未承認医薬品等であることの明示

堀川歯科クリニックが使用するマウスピース型カスタムメイド矯正装置(製品名「インビザライン」)は、日本国薬機法(以下:薬機法)上の医療機器として認証・承認されていません。また、日本国歯科技工士法上の矯正装置にも該当しません。

国内の承認医薬品等の有無の明示

マウスピース型矯正(アライナー矯正)は、さまざまなタイプ、システムが開発されています。国内でもインビザラインに類似したマウスピース型矯正装置が販売されており、その中には薬機法で承認されたものもあります。
現在(2020年時点)、日本で『医療機器としての矯正装置』と認められているのは、「薬事承認されている素材を使い、日本の国家資格を取得した歯科医師または歯科技工士が製作したもの」、あるいは「薬事承認を受けた既製品」です。
インビザラインに関しては、歯型のデータを取る口腔内スキャナー「iTero」は薬事承認を受けており、設計も歯科医師が日本で行いますが、マウスピース型矯正装置は海外でロボットによって製造されるため、薬機法で定められた範囲外とされています。
また、患者さま一人ひとりに合わせてカスタマイズする矯正装置であることも「既製品」に該当せず、薬機法の対象外となっています。
このようにインビザラインは薬機法未承認の矯正装置であるため、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

入手経路の明示

当院が使用するマウスピース型カスタムメイド矯正装置(「インビザライン」)は、米国アライン・テクノロジー社の製品であり、同社のグルーブ会社であるアライン・テクノロジー・ジャパン社を通じて入手しています。

諸外国における安全等の情報

インビザラインは、1998年にFDA(米国食品医薬品局)から、医療機器の認証を受けています。
これまで世界100カ国以上の国々で、800万人を超える方が治療されていますが、重篤な副作用の報告はありません(2020年時点)。

費用について

初診・相談料

無 料

検査料金

30,000円

インビザライン

700,000円

管理料

2,000円〜5,000円

  • 治療期間の目安 1年~2年
  • 治療回数の目安 15回~30回

最新型 口腔内スキャナー
「iTeroエレメント2」を導入

iTeroエレメント2

インビザライン矯正で重要なポイントは、正確な歯型データを取ることです。これまでは粘土のようなシリコン印象材が使われていましたが、データを取る人によって僅かな誤差が生じ、データを取り直すケースがありました。
しかし、当院が導入している口腔内スキャナー「iTeroエレメント2」はペン型で、より精度の高いデータをとることができ、患者さまの負担も大幅に軽減します。
さらに3Dシミュレーターによって治療終了までの歯の動きを予測し、最適な治療計画をご提案します。

「iTeroエレメント2」の特長

精密・正確な歯型を製作

精密・正確な歯型を製作

従来のシリコン印象材を使った歯型は変形・破損することや、データに誤差が生じるケースがありました。しかし、iTeroエレメント2はデジタル撮影によって3Dデータを取るため、こうした不具合が発生することはありません。

安全性・快適性が向上

安全性・快適性が向上

スキャナーによって歯型のデータを取るため、シリコン印象材は一切使用しません。誤って飲み込むリスクがなく、お子さまも安全にご利用いただけます。
嘔吐反射の強い方や、口を大きく開けにくい方も、不快感なく型取りができることも特長です。

型取り時間を大幅に短縮

型取り時間を大幅に短縮

iTeroエレメント2による型取り時間(チェアータイム)は、5~10分程度。口腔内をデジタル撮影するだけなので、これまでのようにシリコン印象材が固まるまで待つ必要はありません。
そしてデータをもとにマウスピースを製作するため、治療開始までの期間も短縮できます。

矯正無料相談のご案内

歯並びに関することでお悩みの方は、お気軽に無料相談にお申込みください。
あくまでも患者さまの立場にたってアドバイスをさせて頂きますので、安心してご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

tel.
075-366-8253

フォームでのお問い合わせ

矯正無料相談